シミのないキレイな肌を手に入れよう|手早くできる方法とは

カウンセリング
  1. ホーム
  2. レーザーとの相違点

レーザーとの相違点

ドクター

シミはメラニン色素が皮膚に沈着してできますが、原因は加齢や紫外線の影響、ホルモンバランスの乱れなどさまざまで、治療法もひとつではありません。原因と治療法がうまく合っていないと、効果がないばかりかシミが悪化する恐れもあるので、本格的に治したいなら経験豊富な専門医に診断を受けることが大切です。皮膚科ではシミの治療に内服薬や外用薬が用いられます。内服薬としては、新陳代謝を促しメラニンの生成を抑えるビタミンC誘導体が代表的なものです。外用薬としては、漂白作用のあるハイドロキノンや、皮膚をターンオーバーさせるトレチノインなどがあります。医薬品は化粧品よりも有効成分の濃度が高く、大きな効果を期待できますが、それだけに副作用が出るリスクもあります。医師の指示を守って使用し、異常を感じたらすぐに使用を中止しましょう。美容外科ではシミの治療にレーザー機器を用いることがあります。一般的なレーザーは色素に反応して熱を発生し、その部分の細胞を破壊します。シミにレーザーを照射すると、メラニン色素が破壊されて老廃物になり、やがて皮膚の表面から、かさぶた状になって剥がれ落ちてきます。レーザー治療の利点は、一度の照射でシミを取り除けることです。ただし照射の際に痛みを感じることがあり、また照射後は軽いやけどのような状態になる場合があります。照射後はクールダウンや保湿ケアに注意を払うこと、紫外線を浴びないようにすることが大切です。レーザーはピンポイントでメラニン色素の部分に作用しますが、広範囲に散らばったシミを治療するには、フォトフェイシャルが効果的です。レーザーが単一の波長の光であるのに対して、フォトフェイシャルは複数の波長の光を混合して照射します。レーザーよりもパワーは弱いため、何回か繰り返して照射する必要はありますが、痛みはほとんどなく、ダウンタイムも短いというメリットがあります。また真皮の細胞分裂を活性化し、ターンオーバーを促す効果もあるとされていて、コラーゲンの生成が促進されるため、肌のハリや弾力を取り戻す効果も期待できます。パワーが弱いとはいえ、フォトフェイシャルも基本的な原理はレーザーと同じなので、照射後の保湿ケアや紫外線ケアには気をつけてください。専門の美容外科では、ひとつだけ目立つシミはレーザーで、広い範囲の薄いシミはフォトフェイシャルで治療するといった方法も選べます。また光治療器と内服薬や外用薬を併用するのも効果的な治療法です。