シミのないキレイな肌を手に入れよう|手早くできる方法とは

美しい女性になるなら今がチャンス!!

美容外科で最新のケアを

レディ

シミの治療法にはいろいろあります。レーザーを照射するものや、ハイドロキノンを塗るといったものがあるのです。美容外科では最適な方法をアドバイスしてもらえますから、シミが気になっている人はカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

レーザーとの相違点

ドクター

レーザーはピンポイントでメラニン色素を破壊し、シミを老廃物として皮膚の表面から排出させる治療効果があります。フォトフェイシャルも原理は同じですが、広い範囲に照射することができ、ターンオーバーを促す作用もあります。

いくつか選択肢があります

女の人

一番早いのはレザーです

シミの治療には、いくつかの方法があります。まずは自分で市販薬でケアをする方法です。シミに有効といわれる成分の含まれた化粧品を使って(ビタミンC誘導体、トレチノイン、ハイドロキノンなど)ケアをしますが、配合量は少ないので長期戦になります。その代わり副作用などの心配は少なくなります。ビタミンCなどのサプリメントなどを併用して根気よく治していきます。皮膚科や、美容皮膚科で受診をして治療をする場合には、高濃度のハイドロキノンやレチノイン酸の含まれたクリームやケミカルピーリングなどが可能ですが皮膚が敏感になるため、紫外線を防ぐなどの注意が必要です。その他、内服薬を使う場合もあります。ケミカルピーリングは肌のターンオーバーに合わせて治療を行いますが、ピーリングの後には肌に赤みや痛みが起こることもあるので紫外線を浴びないようにするなどの注意が必要です。一番即効性があり、確実なのは美容整形外科でのレーザー治療になります。レーザーで肌の奥深くのメラニンを破壊することが出来るので最も効果的です。レーザーにもいくつかの種類があり、ヤグレーザーやスイッチレーザーなどがあります。ほとんどのレーザーは麻酔をしてから行うので、輪ゴムで弾かれる程度の痛みで済みます。スイッチレーザーは完全にシミがなくなるまでには2,3か月ほどの期間を要します。ヤグレーザーは治療が1回で済むことが多く、直後からメイクが可能というメリットがあります。どの種類を行うかの違いは、シミの種類や濃さなどによります。シミではなく、そばかすや老人性の肝斑である場合もあるからです。またフォトフェイシャルなどの、痛みが少なく肌のキメが整ったり毛穴が小さくなったりするなどの効果もある治療法も人気があります。このように、シミの種類などにもより治療法も変わります。医師と相談をした上で、自分に合った治療方法を選びます。レーザーでのシミ治療の際には、始めにシミが濃くなったように見えることがあります。これは、戻りシミといい一時的に濃くなったように見えますが、徐々に消えていくのであまり心配はありません。レーザーでの治療後にも、ピーリングの後と同じようにターンオーバーが終わるまでの4週間ほどは紫外線を避けるなどの注意が必要になります。そのため、レーザーを受ける時期は紫外線の弱い冬の時期に受ける方が良いといわれています。費用はレーザーの種類にもよりますが、一か所につき数千円からのクリニックが多いようです。